無 敵 ブ ロ グ

If You Can't Rock Me

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

#2715 失って はじめて気付く大切なもの

2715001.jpg

世界から猫が消えたなら

何故か突然 ゆる〜いやさしい映画が観たくなり
衝動的に映画館へ(笑)。
現在公開中の「せか猫」を観てきました。
川村元気原作の同名小説の映画化で
出演は 佐藤健、宮﨑あおい。

主人公は30歳になる僕 (佐藤健)。
郵便局員の僕は、ある日突然
悪魔が目の前に現れ、いきなり余命宣告をする。
脳腫瘍によって僕はもう長くないらしい...
しかし、ある取引をすれば寿命を延ばす事ができる。

"世界からひとつ、モノを消せば
一日だけ寿命をのばすことができる。
でもそれは大切なモノでなければならない"

僕は悪魔と取引をした。

電話、映画、時計、そして猫。
僕の命と引き換えに
世界からモノが消えて行くー。
同時にそれは
大切なものも一緒に消えていくのだった。

2715002.jpg
2715003.jpg
2715004.jpg

と言う訳で、
不思議ファンタジーな物語は深く、重く
そして爽やかにその時間を重ねてゆく。

特に大きな盛り上がりもなく(笑)、
回想シーンを織り交ぜ淡々と進んで行く。
映像は素晴しかった。
北海道の函館が物語の舞台だったので
函館の景色が映画にマッチしてて超良かったです。

つーか!!
ボロ泣きとの触れ込みで行ったのに
全然泣けなかった(笑)(;´▽`A``

切なくキュンと胸が締め付けれられる感は
あったのだが.... どーも泣けなかったなあ。

そんなワケで
命の大切さと生きる意味を考えさせられる話でした。

劇中で彼女(宮﨑あおい)の叫んだ

ーー生きてやる!!!!

のセリフがずっと脳裏に焼き付いています...

世界から猫が消えたなら




映画レビュー










関連記事

category: 無 敵 Entertainment

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top